「ほっ」と。キャンペーン

「ネットはテキストだ」をモットーに映画、演劇、ネットやモバイル機器を語ります。


by off_kawa
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2003年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧

f0052082_831754.jpg 陣内孝典初監督作品
 亡くなったバンドのメンバー、谷が事実上の主役としての映画になっている。

 まあ、ベタでTVドラマちっくなゆるい娯楽映画だろうなと思っていたが、これが面白い。
 やっていることは予想されたそれに近いのだけど、なぜか面白い。時間を忘れるくらいだ。

 この面白さは多分、テンポの良さからくるのだと思う。ネタとしてはベタでも、テンポがいいのでのどごしがよく、うまく消化されるのではと思う。加えて、大物を脇に使っていることがなかなかいい味を出している。


監督:陣内孝則
主演:中村俊介、小泉今日子、大杉蓮
[PR]
by off_kawa | 2003-10-11 22:50 | 映画・演劇 | Trackback | Comments(0)

その他のBASIC

Windows環境では、主に以下のものがあります。
1.Visual BASIC (Microsoft)
2.N88互換BASIC (Japanese Free Soft)
3.Active BASIC(Japanese Free Soft)
 Visual BASICというのがマイクロソフトから出てますが、買わなくちゃいけない、巨大なヘルプファイルを読んでも何が書いてあるのかわからない、でとても取っ付きが悪いです。
 後の2つは、やはりコマ送りのような実行速度の遅さが気になります(2003年確認:PC9821Cr13 CPU:133Mhz)。

MS-DOS環境では、主にN88-BASIC(86)とQuick BASIC(QBASIC)があります。
フリーソフトでは他にもいろいろありますが、ソースの共用やHPでの配布などを考えると、マイナーすぎるという問題に当たります。
[PR]
by off_kawa | 2003-10-02 22:58 | Scriptでプログラミング | Trackback | Comments(0)
 Quick BASICはマイクロソフトが出した、構造化プログラミングができて、コンパイルもできる言語として発売されました。日本ではVer4.2とVer4.5が発売されましたが、出回っているそのほとんどがNECのPC9801用です。日本で出回りだした頃はC言語が普及しはじめた頃で、BASICは軽視される傾向にあったため普及が今一つ伸びませんでした。

 英語版ならネットでPDSソフト(フリーソフト)として手に入るようです。Quick BASIC Ver7.1まであります。Ver4.5でほぼ完成しており、Ver7.1の拡張部分は64KB以上の(分割)メモリーが使えることになり、ISAMデータフォーマットの関数が追加されたことです。

 海外版ゆえ漢字は使えませんが、SCREEN12というステーメントを用いたプログラムをコンパイルすれば、かなや漢字がも使えます。
 ただ統合環境(内蔵エディタ+α)では表示ができないので、日本語部分はテキストファイルでセーブし、エディタで追加記入しましょう。

 QBASIC(Ver1.1)はQUICK BASICのサブセット版でコンパイル機能がなく、ほぼ最新のVer7.1を踏襲しています。MS-DOS v6.0くらいから同梱されるようになったため海外では愛好家が多く、ネット上にプログラムを公開している人も数多く見受けられます。

 日本でもWindows95/98に同梱されており(プレインストール版にはないことが多い)、特別な出費なしで手軽に楽しむことができるものと言ってもいいでしょう。ただ日本語環境では動かないため、DOS窓で前もってUS.BATを実行しておく必要があります。

 またWindows NT/2000/Xpのバッチファイルを作ることで統合環境も使えます(但しキーボード操作でSCREEN12をすぐに実行すべし)。

 まあ、日本で普及しなかったのは、Windows98が出回るまではNECのPC-98x1の天下であり、N88-BASICがそのまま受け継がれていたこと、その機種でQBASICが動かないことが大きな要因でしょう。


ブログの殿堂ランキングへ
[PR]
by off_kawa | 2003-10-01 22:52 | Scriptでプログラミング | Trackback(1) | Comments(0)
 昔のBASICは遅かったけれど今のPCのスペックで動かせば、速い速い。多分速いと思う。速いんじゃないかな。などと覚悟はしておけ。

 そんな時代であるからこそ、原点に戻ってみてプログラミングを楽しめるのではないだろうか、という企画です。DOSのものは、AVの表現力が貧弱だという欠点がありますけど。


 N88-BASIC(86)は、NECのPC9801シリーズに搭載されていたBASICで、時代とともにMS-DOSに移行し、そのうちコンパイラが用意されるようになりました。

 MS-DOS上のBASIC中、日本で最も普及し、作られたソースが豊富にあり、ネット上でもプログラム作品が手に入りやすいです。ただ、いわゆるDOS/Vマシンで動かすことができないことが難点です。

 Windows用のフリーソフトで、N88-BASICと互換性のあるフリーソフトがいくつかあります。

 N88互換BASICというものがフリーソフトでありますが、READ&DATA文や、ファイル連結命令(MERGE)など互換性の無い命令も多くあるため、そのまま動くというわけにはいかないようです。

 また、Active Basicというものもありますが、これもそのまま動くというわけではなく、また、ウィンドウシステムでちょっととっつきが悪いです。
[PR]
by off_kawa | 2003-10-01 22:51 | Scriptでプログラミング | Trackback | Comments(0)