「ほっ」と。キャンペーン

「ネットはテキストだ」をモットーに映画、演劇、ネットやモバイル機器を語ります。


by off_kawa
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2006年 03月 ( 7 )   > この月の画像一覧

f0052082_1948121.jpg 眠い。
 ロシア軍全面協力らしいが、登場人物関係がわかりにくく、話がつかみにくい。全体的には普通の映画並になっていそうなんだけど。 役者の知名度によるのかも知れない。有名な人が出ていると誰に着目したらいいかわかりやすそうだし。


監督 :エヴゲニー・ラヴレンティエフ
出演 :アレクセイ・マカロフ、ルイーズ・ロンバード、ジョン・エイモス
[PR]
by off_kawa | 2006-03-31 23:13 | 映画・演劇 | Trackback(2) | Comments(0)
f0052082_11582484.jpg
NEC VALUESTAR VS PC-VS700/4DAをハードオフで高輝度液晶PCを買った。
当時、出回りだした映像重視のPCモデルだ。
NECが開発した画面そのものがスピーカーとなるSound Vuシステム搭載のマシンである。

インストールCDがなかったけど、TVの映るPCで3万円ならいけると思い、衝動買い。
まあ、インストールCDは別途発注でなんとかなると思ったので。

デザイン的に、特に画面から音の出るサウンドVuが気になった。
PC-VS700/4Dはネットでも結構評判がいいようだ。

で、後日添付アプリCDの販売が見つかってよかった。アプリがないとTV機能を使うのはまず無理と思うので。



人気ブログランキングへ
[PR]
by off_kawa | 2006-03-24 23:44 | PC・ハード | Trackback(2) | Comments(0)
そこそこ楽しめた。

だが突っ込みどころ多すぎ。携帯で電車(地下鉄)を遠隔操作とか、単独犯?であそこまで大規模なことができるのかとか…。

そんで、最も突っ込んでおきたいのは、犯人について何にも説明なしってのはどうかと思うってこと。しかも声紋が一致した相手が死んでいた、なんて部分はなくってもよかったんじゃぁ…。
つじつまとか考えると突っ込みどころ多すぎ。
交渉人としての凄さも今ひとつだし。

まあ、赤川次郎がおっけいなんて人にお勧め…でいいかの?


監督:本広克行
主演:ユースケ・サンタマリア、水野 美紀、寺島進
[PR]
by off_kawa | 2006-03-22 00:25 | 映画・演劇 | Trackback(1) | Comments(0)

あのエンディングは…

「エンディングドットコム」なるサイトがあります。
あのエンディングがどうだったか気になるけれど、時間的に、難易度的に、**的に2度はできないようなゲームを積極的に載せて欲しいですね。
…「エアーズ アドベンチャー」とか。


おまけにカプコン
[PR]
by off_kawa | 2006-03-19 21:28 | 日記 | Trackback | Comments(0)
人気作という期待と、一抹の不安をもって観た。というのも、「ラジオの時間」「みんなの家」のベースのストーリーがベタというか、あまりにやらせ臭いところが気になっていたからだ。観ている人を楽しませようという姿勢は好きなんだけどね。

今回は、登場人物の豊富さでその部分は気にならなくなっていて楽しめた。それぞれの個性がいい具合に混ざり合っているという感じかな。うん、これはいい。


監督:三谷幸喜
出演:妻夫木敏、綾瀬はるか、役所浩司、戸田恵子、麻生久美子、西田敏行
[PR]
by off_kawa | 2006-03-05 22:03 | 映画・演劇 | Trackback(3) | Comments(0)
前作は織田信長の活躍を中心としたものでしたが、今回はそれに加え、秀吉を中心とした関が原の合戦までを舞台に含めました。

色使いが明るくなり、また敵が倒しやすくなりました。前作は硬かったから…。
キャラクタが豊富になり、ステージ数も増えました。ただし、ちょっとステージがあっさりしています。金ヶ崎がとくに。
城内が別ステージでなくなり、あっさりしていますが、前回の不満点だったので改善されています。

そのかわり容量が増えすぎたせいか、森蘭丸や阿国の無双演舞はありません。


人気ブログランキングへ
[PR]
by off_kawa | 2006-03-05 21:00 | 映画・演劇 | Trackback | Comments(0)
「この映画はホラーではない。実在のものである。」
とはいえ実にホラータッチで作られており、これを裁判にしてしまうあたりがアメリカである。うーん。
病気娘役の女優の演技が凄い。

はっきりいって…引く。
怖いんだ。こういうものをやっていると栗山千明みたいにそういう役しか来なくなるかも。
怖いというより精神衛生に悪い感じなので、ある程度覚悟して観た方がよい。
デートで彼氏に無理矢理見せられて、トラウマを背負う女性がいないことを祈る。


…この映画を観た後、友人と酒を飲んで帰ったのだが、帰りの電車で突然気持ち悪くなった。未経験のレベルで途中下車しなんとかトイレで回復をすることができた。
悪魔の仕業か?


監督:スコット・デリクソン
出演:ローラ・リニー、トム・ウィルキンソン、ジェニファー・カーペンター
[PR]
by off_kawa | 2006-03-01 23:14 | 映画・演劇 | Trackback(4) | Comments(1)