「ほっ」と。キャンペーン

「ネットはテキストだ」をモットーに映画、演劇、ネットやモバイル機器を語ります。


by off_kawa
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2007年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧

f0052082_1801767.jpg悲劇の過去をもつ母と子の物語。
かと言って暗い話でなく、なんとも言えない独特のセンスで綴られる。興味をもったなら、見て損はない。祖母の存在がいい。

監督:ペドロ・アルモドバル
俳優:ペネロペ・クルス、



なんか最近、AirHのアクセスが重い…。
[PR]
by off_kawa | 2007-07-28 23:45 | 映画・演劇 | Trackback(4) | Comments(0)

TVブロスの広告

f0052082_1950543.jpg
[PR]
by off_kawa | 2007-07-19 23:46 | TVゲーム | Trackback | Comments(0)
世の中には、花火が楽しく見える3Dメガネというものがあるらしい。

花火の最中、常時かけているというものには、向かなさそうだ。

ブログの殿堂ランキングへ
[PR]
by off_kawa | 2007-07-16 23:10 | 考現学 | Trackback | Comments(0)
f0052082_18241259.jpgまあ、ほぼ予告どおりの映画ではある。ホラー仕立てのちょっと変な映画というか…。
キレが…ね。

この映画の見所は、佐藤江梨子がどこまでやてくれるかだと思うんですが、よくもわるくも普通。
ダメじゃないですよ、決して。
でも、電車男陣釜さん(白石美帆)、や「修二さんっ!!」(雛形あきこ)に負けている…。

破局報道(撮影中は交際中だったであろうが…)から、飛躍する大チャンスだったのに。

佐津川愛美が、主人公?を熱演。この娘が、この映画を大きく支えている感じです。

また、唯一、安らぎを与えてくれそうな役に、永作博美がいるんだけど、映画の役の使い方として、今ひとつ緩急のコントロールが悪い感じ。


監督:吉田大八  原作:本谷有希子
出演:佐藤江梨子、佐津川愛美、永瀬正敏、永作博美、他
[PR]
by off_kawa | 2007-07-15 22:56 | 映画・演劇 | Trackback(7) | Comments(0)
f0052082_193434100.jpgこんなのがあるなんて…。
[PR]
by off_kawa | 2007-07-15 22:31 | 日記 | Trackback | Comments(0)
問題作の「大日本人」を観ようかと思っていましたが、場所と時間の都合で、「キサラギ」にしました。Movie Walkerで評判もいいようですし。


f0052082_1385351.jpg
うーん、素晴らしい。
とある部屋のワン・シチュエーション映画なのだが、これが面白い。素人でも映画を作ろうと思えば作れるレベルでも、プロがやるとここまで面白くできるという見本である。自主製作映画を作る人、作ろうとしている人はぜひ見てほしい。

自殺をした売れないアイドル「如月ミキ」の追悼1周年記念としてのオフ会を開催した。懐かしく、楽しい時間をすごせればと集ったはずだが、その不自然な自殺に疑問をなげかけたことから、意外な事実が次々と明るみに…。
って、そっち側の事実かよ、という感じのサスペンス・コメディ映画。

とにかく、ドラマとしてはシリアスなんだけど笑えるシーンが満載。話が進むに連れ、伏線がばらまかれていって、収束していく様は見事です。「サマー・タイム・マシン・ブルース」を思わせますが、テンポがいい。…やっぱ舞台が原作だったんだ。そして、終わりそうで終わらない感じで、ずるずる続いて、楽しませてくれます。

ラスト際まで、如月ユキの映像がはっきりでてこないあたりも結構ポイント。
いつもは無難な小栗旬がいい感じだし、ユースケ…も結構いい。香川は安定で、キャスティングもばっちり。

個人的に、今年No.1の映画の候補です。

監督:佐藤祐市   原作・脚本:古沢良太
出演:小栗旬、ユースケ・サンタマリア、塚地武雅(ドランクドラゴン)、香川照之
[PR]
by off_kawa | 2007-07-01 22:57 | 映画・演劇 | Trackback | Comments(0)