「ほっ」と。キャンペーン

「ネットはテキストだ」をモットーに映画、演劇、ネットやモバイル機器を語ります。


by off_kawa
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

<   2008年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

映画「タイヨウのうた」を観ました。

順番でいえば、映画版(YUI版)が公開され、同時進行的に制作されていたドラマ版(沢尻エリカ版)が映画の上映終了後すぐに始まった感じでした。

このタイトルを聞くと、どうしても沢尻エリカの歌の「タイヨウのうた」の印象が強いです。
当時音楽番組でチャートインし、自然とその曲を耳にすることが多くありました。
正直、沢尻エリカ本人が歌っているとは思いませんでした。

さて、映画ですが、やはり尺の問題があります。

「電車男」の映画版とドラマ版のように、映画版はややポエム調になります。
ただ、ドラマの「タイヨウのうた」は見たことがないのでなんとも言えませんが。

ラブストーリーの映画というには、かなり抑えた感じになっています。
ラスト際の海岸のシーンも家族がメインですし。

変に感動を押し売りしない辺りをいいと思うかどうかでしょう。

YUIも演劇がうまいわけではないですが、雰囲気がなかなかはまってました。


ドラマ版はネットで見ると、いろいろ否定的な意見も多いようですね。


監督:小泉徳宏
出演:YUI、塚本高史、麻木久仁子、岸谷五朗



このブログのランキングがわかります。
[PR]
by off_kawa | 2008-03-30 23:25 | 映画・演劇 | Trackback | Comments(0)
f0052082_21592734.jpg

寝ちゃいました。
世界観をつかむ前に、激しく展開するが、物語としては前に進んでいないという感じ。
しかも三部作。

最近、ファンタジーワールドもの多すぎやしませんか?
洋画が飽きられる原因ではないかと思います。

残りも含めて、はやくテレビで放送されないかな。


監督:クリス・ワイツ
出演:ニコール・キッドマン、ダコタ・ブルー・リチャーズ


→トラックバック
Cherryh's blog:「ライラの冒険 黄金の羅針盤
soramove:「ライラの冒険・黄金の羅針盤」毒のないライトファンタジー
[PR]
by off_kawa | 2008-03-30 18:17 | 日記 | Trackback | Comments(0)
公式サイト「Sweet Rain 死神の精度

なんだか、微妙なテンポと、とぼけたような微妙なおかしさで話が進んでいく。で、最後は綺麗にまとめた感じ。

この映画に期待しているなら、予備知識なしで観てほしい。チラシも見ちゃ駄目。
そうすると映画の作り手の落としどころにはまって楽しめるでしょう。

何年か前にNHK-FMの青春アドベンチャーで、この作品は知っていたのである程度予備知識はありました。
というか、ああ、あったなと。

どことなくスローな感じと言えばいいのかなあ。


小西真奈美が劇中ソングをCDとして発売します。

監督:筧昌也  原作:伊坂幸太郎
出演:金城武、小西真奈美、富司純子、光石研、石田卓也、村上淳、奥田恵梨華、吹越満
[PR]
by off_kawa | 2008-03-11 22:15 | 日記 | Trackback(1) | Comments(0)
突然、友人に誘われて、NAGOYAオートトレンド2008に行った。
帰りに、「バンテージ・ポイント」を観る。8つの視点からみた大統領狙撃事件の映画だ。
歩き回っていたせいもあって、寝ちゃった。

f0052082_15465769.jpg8つも大統領狙撃までのシーンを何度もやるのは、違う視点からとはいえ、冗長な感じだ。
最後のほうをあまり覚えていないが、ぶっちゃけ8つの視点は単なる冒頭であって、あまり設定として意味がないみたい。
期待が大きかった分、外した感じ。
まあ、いつかもう一度見直す必要がありそうだ。


監督:ピート・トラヴィス
出演:デニス・クエイド、マシュー・フォックス、フォレスト・ウイッテカー、シガニー・ウィーヴァー、ウィリアム・ハート


→トラックバック
ライターHIROのこの映画は泣けるっ! 医者いらずの映画サプリ処方箋:わくドキ映画 『バンテージ・ポイント』
happy♪ happy♪♪ :映画「バンテージ・ポイント」
soramove:「バンテージポイント」 小粒ながら引き締まった良作・オススメ!
ミーガと映画と… -Have a happy movie-:≪バンテージ・ポイント≫(劇場@2008/04/01@185)
[PR]
by off_kawa | 2008-03-08 21:01 | 映画・演劇 | Trackback(5) | Comments(0)
f0052082_1795861.jpg半年前くらいに観よう観ようとして、観れなかった映画。「鴨とアヒルのコインロッカー」同様、地味めな感動映画。Movie Walkerで高い評価を得ていた作品。
でも、どうも10代、20代向きの映画かも知れない。この映画のキモは、ディノという風変わりな人物に共感できるかなんだが…。
悪くはないが、どこか共感が弱かった。

年をとったのか…な。


監督:堤幸彦
役者:石原さとみ、柳楽優弥

しかし、これが堤幸彦作品とは、改めて驚く。


→トラックバック
シネマトゥデイ:包帯クラブ
trivialities & realities:映画『包帯クラブ』
おやぢの殿堂・電動おやぢ:映画「包帯クラブ」DVDレンタル開始
[PR]
by off_kawa | 2008-03-03 22:39 | 映画・演劇 | Trackback | Comments(0)