「ほっ」と。キャンペーン

「ネットはテキストだ」をモットーに映画、演劇、ネットやモバイル機器を語ります。


by off_kawa
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2008年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧

f0052082_1737924.jpg「演出とは何を見せて何を見せないかである。」
観劇を重ねていた当時、そんな感じの結論に達しました。なんかそれを思い出させる感じの映画でした。

予告編をみて妙に気になった映画『アフタースクール』をみた。大泉洋、佐々木蔵之助、「篤姫」の堺雅人、常盤貴子が中心となって演じる。
母校の中学校で働く神野良太郎(大泉洋)の元に、かつての同級生だと名乗る探偵・北沢雅之(佐々木蔵之介)が訪ねてくる。北沢は神野の親友、木村一樹(堺雅人)の行方を追っていた。心ならずも木村探しに巻き込まれる神野。ドタバタ捜索劇は、誰もが予想しない展開に向かっていく――。

何かをはらんだ形で話が進み、あるところで流れが急転する。そして見事に騙してくれるのだが、それが心地よい。
ネタばれ厳禁な映画なので、あまり情報を集めずに見に行くのがいいかと思います。
今年のベスト映画候補をまた1つ観ることができました。


監督:内田けんじ
俳優:大泉洋、佐々木蔵之助、堺雅人、常盤貴子、田畑智子


→トラックバック
閉心空間:『アフタースクール』 
薔薇 猫 映画 演劇 旅ファン:「アフタースクール」と「砂時計」
つれづれ浮世草:「アフタースクール」を観た
ぱかぱかwin!:アフタースクール
OLいっぱいいっぱい日記:アフタースクールを見た
[PR]
by off_kawa | 2008-05-25 22:55 | 映画・演劇 | Trackback(3) | Comments(0)
『サマータイムマシンブルース』のヨーロッパ企画が名古屋に来たということで見に行った。なんかタイトルは悲劇っぽいけれど、ゆるめでばかばかしくも面白い芝居になっている。周りの雰囲気にに合わせて同調していき、エスカレートしていく様が面白い。
ただ、ラストのペガサスは、オチが読めてしまう。あの投球フォームも難があった…。

ストーリー:
地元の新人野球選手にスポットをあてるスポーツ番組の撮影に来た撮影スタッフたち。その選手がゴーレムとキャッチボールをしていたという話をしだすからなんだかおかしな方向に。


→トラックバック
京都のしがない物書き 椿屋:『あんなに優しかったゴーレム』
毎日コロニ~:ヨーロッパ企画 「あんなに優しかったゴーレム」
[PR]
by off_kawa | 2008-05-24 22:25 | 映画・演劇 | Trackback | Comments(0)
f0052082_1540163.jpg処刑室への最後の道を通称グリーンマイルと呼ぶ。
こんな感じで始まるので、シリアスな話かと思ってました。

でも実際見てみたら、ファンタジーでしょ、これ。

まあ、嫌いじゃないけど、なんか裏切られた感じ。その辺を受け入れられれば、結構いい映画です。

監督:フランク・ダラボン
俳優:トム・ハンクス


→トラックバック
‥そらの∞日々‥:グリーンマイル
最高の映画:グリーンマイル
エンタメ牧場:グリーンマイル
[PR]
by off_kawa | 2008-05-18 21:53 | 映画・演劇 | Trackback | Comments(0)
フルーツメールといえば少しは有名かもしれません。
毎年?誰かに1000万円があたるドリームメールみたいなものですが、ポイントサイトですね。
で、そこがブログをやっているのですが、
なんとE-MOBILE(emnet)の携帯メール投稿に対応しました。すごいです。
と思ったら、どうも失敗するみたい。投稿先メールアドレスは送ってくるんですけどね。
…S11HTは、メールのヘッダ情報が見られないことが不満。


昔、ブログとはなんぞや、と、お試し程度に使ってました。今でも、あっ、と思ったものを撮影し、メモ代わりに投稿しています。非公開設定にして。
で、WILLCOMを解約したので、はてさて。
まだ始まって2ヶ月ちょっとだから仕方がないのかもしれませんが。
[PR]
by off_kawa | 2008-05-14 22:43 | PC・ハード | Trackback | Comments(0)
大してアクセスを集めていないこのブログですが、アクセス解析を見て、意外なことに気づきました。

サターンの「ヴァーチャル ハイドライド」というキーワードでここに来ている人が多いのです。サターン初期のゲームの、ポリゴンブームに乗っていたときなので、かなりカクカクした動きなのですが、中級の洞窟探検の醍醐味がいいです。重量制限のあたりは、ハイドライド3の流れをくんでいいて、しかも体力回復のためにぐるぐる走り回る必要がありますが…。

リメイクされてもいいんじゃないか、とは思いますが。
…ま、まあ、ネームバリューといい、内容も地味ゲームになりがちなので、難しいか…。
[PR]
by off_kawa | 2008-05-10 22:09 | TVゲーム | Trackback | Comments(0)
少林少女」が不評のようなので、こちらの「スシ王子! ニューヨークへ行く」を観た。
監督も、堤幸彦なので、まあそんなに外さないだろうと。
予備知識なしで観たけど、元はどうも準夜連続ドラマのようだ。

Wikipedia「スシ王子」

多少の粗はあるけれど、面白かった。「トリック」や「ケイゾク」の前半のような娯楽路線。深みはなく、ゆるめな感じも同じである。でもお約束事はきっちり押さえられていてよい。
単純に楽しみたいときにお勧め。

だけど、彼がああなるのはどうかと…。


監督:堤幸彦
出演:堂本光一、北大路欣也、伊原剛志、釈由美子、石原さとみ


→トラックバック
CINE MAG:銀幕版 スシ王子!〜ニューヨークへ行く〜
maiのひとりごと。。。:銀幕版 スシ王子!~ニューヨークへ行く~
[PR]
by off_kawa | 2008-05-04 23:44 | 映画・演劇 | Trackback | Comments(0)