「ほっ」と。キャンペーン

「ネットはテキストだ」をモットーに映画、演劇、ネットやモバイル機器を語ります。


by off_kawa
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

<   2008年 11月 ( 10 )   > この月の画像一覧

うーん、前回は海保候補生の訓練・成長というものがあったんだけど、今回は船の転覆騒動一辺倒。ある意味「ポセイドン」と「ポセイドン・アドベンチャー」の評価のようになる。
やっぱ、緊張感の中にも緩急が欲しい。それに海猿としてやる必要があったのか疑問。

単純に海難救助ものの映画としては悪くはないが、なんか前回のよさをどこかに置いてきた気がする。3作目の映画制作記念として放映されたらしいが、次回作はどうもってくるんだろう…。
そして、加藤あいの出番はあれだけ? 要所場面だけ演じて、細かい演技は映させないという監督の意図かもとかんぐってしまう。

前作を意識しなければ、パニックものとしてそれなりにいい映画だと思うが、大作を作ろうとしすぎた感じがある。


監督:羽住英一郎
役者:伊藤英明、加藤あい、吹越満、佐藤隆太


人気ブログランキングへ
[PR]
by off_kawa | 2008-11-23 23:10 | 映画・演劇 | Trackback(1) | Comments(0)
SF好きにはかなり面白いです。

でも、夢が現実化するあたりからなんかぐだぐだになってきた感じで残念です。
変に規模を広げず、知略的に戦うほうがよかったです。


人気ブログランキングへ
[PR]
by off_kawa | 2008-11-22 22:37 | 映画・演劇 | Trackback | Comments(0)
筒井康隆の「パプリカ」読み始めました。
「パプリカ」はマッドハウスによりアニメ化された作品ですが、これは面白い。

やっぱ漫画でも小説でも、世界観+知識+先が気になる が面白さの要素ではないのか?
恋愛小説が自分にとってダメな理由がよくわかる作品です。


人気ブログランキングへ
[PR]
by off_kawa | 2008-11-18 23:55 | 小説・漫画 | Trackback | Comments(0)
USB 3.0仕様が決定――転送速度は10倍 :11月18日13時49分配信 Computerworld.jp

 USB仕様の策定を進める標準化団体「USB Implementers Forum(USB-IF)」は11月17日、データ転送スピードを高速化した次世代のUSB規格「USB 3.0」の最終仕様を発表した。

 USB-IFの会長で米国Intelのシニア・テクノロジー・ストラテジストのジェフ・レイバンクラフト(Jeff Ravencraft)氏は、カリフォルニア州サンホゼ市で開催中されたイベント「SuperSpeed USB Developers Conference」においてUSB 3.0の仕様を発表した。「SuperSpeed USB」とも呼ばれる新規格では、デバイス間の転送スピードはUSB2.0の10倍近く高速化するという。

 USB2.0の転送速度は、現在出回っているデバイスで利用するには十分なスピードを達成している。だが、レイバンクラスト氏によれば、デバイスがより小型化し、動画などマルチメディア・アプリケーションの利用が増加する将来に向けて、さらに高速な転送速度を実現するUSB 3.0が必要になったという。

 例えば、フラッシュ・ドライブから1GBのデータをホスト側に転送する際、USB2.0では33秒かかるが、USB 3.0ではわずか3.3秒で転送が完了するという。つまり、映画1本分のデータを、USBドライブからPCに転送する時間が1分以下になる。しかし、イベント会場で実際に行われたデモでは、データ転送レートは約3Gbpsにとどまり、USB-IFが主張する最大スピードの5Gbpsを下回った。




人気ブログランキングへ
[PR]
by off_kawa | 2008-11-18 21:20 | PC・ハード | Trackback | Comments(0)
「ノルウェイの森」読み終えました。
あの施設の話と小林緑の存在で、読めました。やっぱセクシャルな要素は定番とは言え、話として面白い。


ある意味、ギャルゲーとかそんな感じのいわゆる物語でした。リアルが伝わってきません。なんか妙に主人公モテモテだし…。
…「世界の中心で愛をさけぶ」「恋空」が売れる理由がわかったような気がします。


正直、個人的にはベストセラーを感じられませんでした。


人気ブログランキングへ
[PR]
by off_kawa | 2008-11-16 22:56 | 小説・漫画 | Trackback | Comments(0)
村上春樹の「ノルウェイの森」を読んでみました。まずは上巻のみ。
この本は、20年位前にえらく話題になったもので、「世界の中心で愛をさけぶ」がブレイクするまで、もっとも売り上げのある本でした。

まあ、そんな感じで以前から興味があり、今更になって読んでみました。


…退屈。

正直、どうでもいいような話がえんえんと続き、直子がある施設に入ることになって、やっと物語がはじまった感じ。
なんか、連載当時、担当者との打ち合わせで路線変更をしようというやりとりがあったかのような展開のような気がするが、ここから楽しめるようになった。


人気ブログランキングへ
[PR]
by off_kawa | 2008-11-13 23:52 | 小説・漫画 | Trackback | Comments(0)
ある程度年をとると、遅咲きの人間を妙に応援したくなる。ほしのあきとかエドはるみとか。
でも、エドはるみのネタには正直、飽き始めている。司会とかドラマとか別方面での活躍を期待したい。

そんな思いの中で、このドラマが放送されるということで見てみました。
あまり過去について語られていないエドはるみですが、この話で結構見えてきました。
演劇出身のようです。
私も演劇を観に行ったりするのですが、演劇をやっていくには30過ぎるといろいろきつくなってくるだろうな、なんて思います。


エドはるみの過去の公演映像とか出回らないかな。



人気ブログランキングへ
[PR]
by off_kawa | 2008-11-07 23:11 | 映画・演劇 | Trackback | Comments(0)
 ドラゴンクエスト2のラゴスにこんなバックボーンがあるなんて、知らなかった。



という冗談はさておき。

 SFの要素を盛り込んだ話が、淡々と綴られる。空間転移とかの要素が普通に語られている。その能力が特異なものとして扱われるのではなく、普通にその世界に存在するものとして扱われる。
 すんなり読めたが、なんかあっさりした感じ。

 絶大なファンを持つ筒井ワールドにひょっとしたら初めて触れたのかもしれない。
 どうも自分は、もっと熱いものや、謎めいたものが解明されていく話を期待しているようだ。だから「異邦人」/半村良もガッカリした。


 どこかに小説ソムリエのサイトはないかな。
 好きな小説を5つ、嫌いな小説を3つ挙げたら、お勧め本が何か紹介してくれるようなサイトが。


→トラックバック
Andre's Review:「旅のラゴス」筒井康隆


人気ブログランキングへ
[PR]
by off_kawa | 2008-11-03 16:54 | 日記 | Trackback | Comments(0)
最近、emonstar S11HT が不調である。

電話としても使っているが、電話をかけようとしても電話がかけられないことがある。電波状況の問題だと思うが、少なくともアンテナマークは3本以上。

やはり、別にケータイを持つ必要があるかもしれない。
ソフトバンクの株ケータイかな…。
ワンセグ付で端末が無料レンタルだから…。


それと、カメラのレンズカバーもなんかしらんが曇っていて、白いもやのかかった写真しか取れなくなった。


人気ブログランキングへ
[PR]
by off_kawa | 2008-11-02 09:44 | PC・ハード | Trackback | Comments(0)
NHK-FMの古いラジオドラマをニコニコ動画で聞いた。
ラジオ劇場「地下鉄のアリス」だ。
1978年に放送された作品らしい。
当時は「FMシアター」ではなかったようだ。

土曜に50分くらいかけて放送されるこのラジオドラマ枠の作品は、当時からこのような現代劇かつ幻想的な話だったようだ。

古いラジオドラマの記録のあるサイトがあります。
ラジオドラマ保存コレクション一覧


人気ブログランキングへ
[PR]
by off_kawa | 2008-11-01 23:23 | 小説・漫画 | Trackback | Comments(0)