「ほっ」と。キャンペーン

「ネットはテキストだ」をモットーに映画、演劇、ネットやモバイル機器を語ります。


by off_kawa
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

タグ:漫画原作 ( 10 ) タグの人気記事

f0052082_145462.jpg最近の痛ましい事件を見ていると、仕事に忙しい人間はセクハラに走り、仕事にあぶれている人間は人の死に興味を持つようだ。
その原因を推測すると、核家族化により身近な人の死を経験しなくなったことが原因では、と思うようになっていた。

それゆえ、「イキガミ」には特別な思い入れがある。
でも、3巻まで読んだ程度。


前説によりサプライズ。なんと舞台挨拶が、監督と松田翔太となるみさんの3人+「道しるべ」の人から上映後にあるとのこと。

映画は、まあ予想通りだが、以外に地味なところがリアルでよかった。そして、知っていても感動に引き込まれてしまった。漫画を読んだときは、設定の勝利だと思った。そしてこの映画は地味さがリアルな感じを引き出している。
ラストがちょっと野心的。原作もこうだっけ?



舞台挨拶は、スカイ・クロラと違い、内容が濃かった。松田翔太はいきなりベタな質問。
「もしあなたがたの命があと24時間しかなかったらな荷をしますか?」
超まじめな人らしい。というかこの人こんなに人気があるとは知らなかった。


監督 : 瀧本智行   原作 : 間瀬元朗
出演 : 松田翔太 、 塚本高史 、 成海璃子 、 山田孝之 、 柄本明


→トラックバック
チャコティの副長日誌:映画「イキガミ」
四十路オヤジのひとりごと:イキガミ [映画]
[PR]
by off_kawa | 2008-09-19 00:57 | 映画・演劇 | Trackback | Comments(0)
f0052082_1435211.jpg原色カラーが際立つ花魁映画の「さくらん」。
テレビで何度か放映され、市民上映会なども行われている作品なので少し期待して観た。

セックスシーンのあるものの、情念やヤマ場の盛り上がりがあまりなく、あっさりしている。
木村佳乃が出ているものの、対抗馬としてはやや力不足。
もうすぐ劇場公開の、梅津かずお原作「おろち」の出来まで心配になる。

ストーリーもありがち。
原作を読んでいないけれど、原作には原作なりのよさがあるとは思う。
けれど、この映画には今一つ魅力が感じられない。

幼少の頃をきちんと描いていないからだろうか。


監督:蜷川実花   原作:安野モヨコ
出演:土屋アンナ、椎名桔平、成宮寛貴、木村佳乃、菅野美穂、永瀬正敏
[PR]
by off_kawa | 2008-09-06 22:55 | 映画・演劇 | Trackback(1) | Comments(0)
「僕のしたかったことは、こんなバンドじゃない!!」


 あの話題の漫画が映画になったということで観にいきました。ちなみに原作は1巻を読んだだけです。

 再現具合がなかなかで結構面白いです。原作は1話完結のようなつくりなので、やや野暮ったいような感じがありますが、映画にはそれがないです。松雪泰子も好演で、最初はちと抵抗のあった加藤ローサも結構あっているような気がします。

 でも、映画としてのストーリーを大切にしたせいか、ちょこちょこ順番・構成をいじっています。それがどうも、原作のいちばんうまみのある部分を捨てているような気がします。シモネタは当然削られるのはいいとしても、あのシュールさを削ってしまうのはどうも、ね。
まあ、出演者に気を使った部分もあるのかもしれません。

 運命の分かれ道は、実家に帰ったときの展開。あれをよしとするか悪しきとするかで印象が変わり、対バンでどういう感想をもつか、ですね。


監督:李闘士男  原作:若杉公徳
出演:松山ケンイチ、加藤ローサ、松雪泰子


→トラックバック
METALGATE BLOG:デトロイト・メタル・シティ/根岸崇一 SATSUGAI/甘い恋人
★リトルフラワー★:「デトロイト・メタル・シティ」名古屋試写会☆
ムッチーブログ:デトロイト・メタル・シティ!! byムッチー
大炎上:話題の映画『デトロイト・メタル・シティ』を観てきました!
天カジblog:DMC]デトロイト・メタル・シティ TOWER RECORDS刻印(サイン)会レポート
CHEAP THRILL:真・映画日記『デトロイト・メタル・シティ』
soramove:「デトロイト・メタル・シティ 」才能の浪費、笑えない
ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!:デトロイト・メタル・シティ DETROIT METAL CITY
[PR]
by off_kawa | 2008-08-24 21:47 | 映画・演劇 | Trackback(4) | Comments(0)
f0052082_2372116.jpg始まりが、実にリアルな時代劇。
幻想的に仕立て、蟲が棲む世界を感じさせる必要があったと思う。

そして、難解な「阿吽」の話から始まるのだが、名場面をスルー。

ところどころにちりばめられる「日本」「電気がきた」などの言葉。やけにリアルを持ち出す。
監督にとっては、あくまでも昔の日本にあったこととして作りたかったのか? 美しい日本なのか?
そして、ギンコが淡幽が好きだという会話。あくまでも、「リアル」を匂わす。

キャスティングも決して間違っていたわけではないと思うんだけど。


監督:大友克洋
出演:オダギリジョー 、江角マキコ 、大森南朋 、蒼井優
[PR]
by off_kawa | 2007-04-21 21:12 | 映画・演劇 | Trackback(1) | Comments(1)
f0052082_184288.jpg名場面がことごとくスルー…。

役者が下手なのはキャスティング時にわかっていることなので、監督が何とかしてほしかった。
酒井彩名(牧村ミキ)はよくやっているが。

緊張感と場面のつながりが足りない。
「デーモンになっちゃった」「俺死んじゃった」

ジンメンもあれですますのか。
シレーヌはあんだけ?。ポスターなみを期待したのが間違いだった。

子供向けに作ったのが間違いなのかもしれない。どうせなら残虐R指定くらいで、大人向けに作るべきではなかったのか?
ラストシーンの「人間は守るべきものだったのか?」
それ以降のセリフいらないのでは?

参考:超映画批評「デビルマン」


監督:那須博之
出演:酒井彩名、冨永愛、ボブ・サップ、船木誠勝


正直、妖鳥シレーヌのポスターが最大の功績ですね。
[PR]
by off_kawa | 2006-08-21 23:33 | 映画・演劇 | Trackback(1) | Comments(0)
f0052082_2250268.jpg県庁の星

TVドラマでなく、ちゃんと映画として作られていてよかった。

まあ、ほぼ予想通りな映画なのだが、映画として要所要所がきちんと作られて楽しめる。なんか自分にも心当たりあるし…。

そして柴崎コウが素晴らしい。うん。
あの知事って大人ということなんでしょうかね?


監督 西谷弘
出演:織田裕二 、柴咲コウ 、佐々木蔵之介
[PR]
by off_kawa | 2006-04-09 23:24 | 映画・演劇 | Trackback | Comments(0)
 丁寧に作られていて、大人も子供楽しめるであろう映画に仕上がっている。その辺りは、希に見る作品かも知れない。
 でも、ターゲットを絞っていない分、薄味な気がすることが残念。


監督:鈴木雅之   原作:藤子不二雄
主演:香取信吾、ガレッジセール・ゴリ、田中麗奈、戸田恵子
[PR]
by off_kawa | 2005-09-15 22:07 | 映画・演劇 | Trackback | Comments(0)
f0052082_2328301.jpg B級なのは分かっているとして、結構普通の無茶な映画だ。よくこんなの作ったなと思った。

 ふと思い出してパッケージを見ると、原作があの「漫☆画太郎」だ。
 あの、あの、脅威の画で驚愕の中身の漫画で、週刊少年ジャンプで衝撃的なデビューを果たしたあの人だ。正直よくこんな企画を通したなと感心してしまう。

 原作者を考えれば、原作に忠実な見事な映像化かも知れない。

 …いや、ちとおとなしいかな。


監督:山田雄大
主演:坂口拓、伊藤淳司



がんばって「ババァゾーン」にも、手を出すか。
…いや、もう少し勇気が欲しい。
[PR]
by off_kawa | 2005-09-10 22:30 | 映画・演劇 | Trackback | Comments(0)
 まあ、続編。
 栗山千明は結局そういう役かあ。他にもパンクラスの謙吾などが出ていて、出演役者を主に見ていたような感じ。ロマンポルシェの掟ポルシェみたいな人が出ていたが、どうも違うみたい。

 高島礼子の熱演は結構凄い。こういう役もやるんだと感心した。


監督:金子修介
主演:上戸彩、高島礼子、栗山千明
[PR]
by off_kawa | 2005-02-22 22:35 | 映画・演劇 | Trackback | Comments(0)
 松本大洋原作の漫画の映画化。卓球のスポ根的映画。
 窪塚もこの映画のために練習したらしく、卓球のシーンは結構できている。脇を固める役者陣もいい。でも微妙な感じ。特にペコ役の窪塚がわざとらしい感じで困る。意外にいいとは言えても、素晴らしいとは言えない。ちょっと一癖ある感じも、結局はありふれた邦画のように思える。


監督:曽利文彦
主演:窪塚洋介、竹中直人、中村獅堂、ARATA
[PR]
by off_kawa | 2002-07-03 23:14 | 映画・演劇 | Trackback(2) | Comments(1)