「ほっ」と。キャンペーン

「ネットはテキストだ」をモットーに映画、演劇、ネットやモバイル機器を語ります。


by off_kawa
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
ふと、今までに購入したPCをまとめようと、記録します。

まず最初に購入したのは、NECの98キャンビー・ジャム(PC9821-Cr13T)。

CPU:Pentium 133MHz
Mem:16MB/64MB
OS:Windows 95

仕事でWindows PCを使うようになり、これは自分で手に入れて覚えないとまずいなと思い、購入。
当時、PC-9801/9821全盛期のため、フリーソフトを使うことも考えて購入。
また、MIDIファイルの演奏も考慮に入ってました。

MS-DOSのFDには、お世話になりました。

2番目も、NEC機。PC-9800 VALUESTAR L VL750R/65D

CPU:Duron 750MHz
Mem:
OS:Windows ME

最後のMS-DOS搭載OSということで、何か買わなければと思い購入。
ちょうどスペックに限界を感じていたこともあった。
でも、このクラスのPCでも、音声テープのデジタル化には、スペック不足ということがショックだった。


3番目もNEC機。NEC VALUESTAR FS VS700/4DA

CPU:Celelon 1.7GHz
Mem:256MB/1GB
OS:Windows XP

HARD OFFでOSなしの機体を購入。
TV録画ができて、液晶画面から音が出るというギミックPC。

デザインもそれなりに好きでした。


4番目は、日立機。Prius One type W AW35W5T

CPU:Celelon D
Mem:1GB/2GB
OS:Windows XP

中古で購入。
もう、でかいモニターディスプレイそのものPC。
TV録画(地デジのみ)ができます。

CPUをCORE 2 DUOに換装して使っていました。


5番目も、NEC機。(NEC VALUESTAR VN770/GS6

CPU:Core i7 2670QM
Mem:8GB/8GB
OS:Windows 7

HARD OFFで中古で購入。
これまたTV録画機能のあるPCです。
久しぶりに、時代に合った性能のPCを買い、満足しています。


このブログのランキングがわかります。
[PR]
by off_kawa | 2015-05-01 09:32 | PC・ハード | Trackback | Comments(0)
f0052082_12243613.jpg
仕事のPCは、現在、NEC MATE MY30E/FE1を使用しています。
パラレル(プリンタ)ポート付の、液晶省スペース型のPCです。
CPUはPentium D 925。

CPUの交換を検討していたのですが、マザーボードのチップセットが、Intel 945G Express。

いろいろ検索してみたところ、このIntel 945G Expressには、初期型、前期型、後期型、最終型があるらしく、最終型のみCore 2 DuoのCPUに乗せかえることができるようです。

性能がよく、発熱も少ないCore 2 DuoのCPUを使うには、2006年1月発表のこのMY30E/FE1モデルでは、絶望的です。
ネット検索をしても、できそうという発言はあっても、できましたという報告はありません。MY30Y/E-H(Intel 945G Express)でCore 2 DuoのE1200のCPUで乗せ換え失敗(記事129)の報告はありましたが。

系列モデルで、Core 2 DuoのCPUが標準のPCは、そもそもチップセットがIntel Q965 Express だったりしますので。

でもなかなかこれといった決定打な記事はないですね。



このブログのランキングがわかります。
[PR]
by off_kawa | 2012-07-16 12:23 | PC・ハード | Trackback | Comments(0)
f0052082_11144925.jpg
NEC PC-VS700/4DAの記事はユーザー数ゆえに少ないもんだと思っていたら、さすがはSound Vu。
なかなか根強い人気があるようです。

いつのまにか分解記事が2つもありました。

PC・WEB研究会:NEC VSシリーズ メモリー・HDDまで分解
記録係の記録帳:NECの一体型パソコンPC-VS7004の分解


うーん、これでやっと電池交換ができそう。
確か、ぱっと見ではわからなかったから。


トレビューでのブログランキングはこちら
[PR]
by off_kawa | 2011-08-21 10:44 | PC・ハード | Trackback | Comments(0)
NEC PC-VS700/4AD Windows XPにある謎のファイル

C:¥
・PINFODMI.SYS 2001-08-03
  エディタで「NEC」や「DMI TOOL Ver6」の文字を発見

・MODELCHK.EXE 2002-07-27

・PENDLCHK.EXE 2001-08-21

C:¥Document and Settings
・VPAP105.BIN


うーん、何だろう。このファイルたち。
オンラインスキャンとかやったこともあるので、わけがわからない。



トレビューでのブログランキングはこちら
[PR]
by off_kawa | 2011-01-26 23:27 | PC・ハード | Trackback | Comments(0)

PC-98NX VL750RのUSBの不具合

仕事でPC-98NX VL750Rという2001年発売のPCを未だに使っている。ネット閲覧とOffice2000が使えれば十分だからだ。

しかし、ICカードの認識が少しおかしい。ひょっとしてUSB1.1であることが問題かもと思ったが、ICカードリーダーの仕様上の対応範囲内であった。


そうしたら、このPC-98NX VL750RにUSBの不具合があるらしい。

BIOSのアップデート(モジュール番号2836)
が必要になるそうだ。


人気ブログランキングへ
[PR]
by off_kawa | 2008-10-24 23:47 | PC・ハード | Trackback | Comments(0)
 昔のBASICは遅かったけれど今のPCのスペックで動かせば、速い速い。多分速いと思う。速いんじゃないかな。などと覚悟はしておけ。

 そんな時代であるからこそ、原点に戻ってみてプログラミングを楽しめるのではないだろうか、という企画です。DOSのものは、AVの表現力が貧弱だという欠点がありますけど。


 N88-BASIC(86)は、NECのPC9801シリーズに搭載されていたBASICで、時代とともにMS-DOSに移行し、そのうちコンパイラが用意されるようになりました。

 MS-DOS上のBASIC中、日本で最も普及し、作られたソースが豊富にあり、ネット上でもプログラム作品が手に入りやすいです。ただ、いわゆるDOS/Vマシンで動かすことができないことが難点です。

 Windows用のフリーソフトで、N88-BASICと互換性のあるフリーソフトがいくつかあります。

 N88互換BASICというものがフリーソフトでありますが、READ&DATA文や、ファイル連結命令(MERGE)など互換性の無い命令も多くあるため、そのまま動くというわけにはいかないようです。

 また、Active Basicというものもありますが、これもそのまま動くというわけではなく、また、ウィンドウシステムでちょっととっつきが悪いです。
[PR]
by off_kawa | 2003-10-01 22:51 | Scriptでプログラミング | Trackback | Comments(0)
PC-9821 Cr13/T Canbe Jamの出荷時インストールのために。

まず、このPCのインストールで一番気をつけなければいけないのは、音関係のドライバーの入れ替え後、「MS-DOSで再起動をする」を選んだときです。

これ以後、RESTORE A:の作業が終了するまでは、再起動してはいけません。

再起動してしまうと、単に「ミ田」→「Windowsを終了させる」を選んで終了させるだけで、2時間もかかるような激遅PCと化します。

ここで、Winodws95をインストールするフォルダを、デフォルトの¥Windows以外に設定(カスタムインストールでわざわざ変えている場合)していると、RESTORE.BATが動きません。

RESTORE.BATの「%1\windows」を「%1」として、ドライブ名+フォルダ名を指定するようにしてくれるとよかったように思えます。


→トラックバック
Tenma35 Rider's Weblog:原点! NEC PC-9821 Canbe 16
ぷらたなすのひとりごと:バブルラジカセ


人気ブログランキングへ
[PR]
by off_kawa | 2001-01-01 09:08 | PC・ハード | Trackback(1) | Comments(0)
PC-9821 Cr13/T Canbe Jamにはやっかいなところがありました。

「ミ田」→「Winodwsの終了(U)」→「コンピューターの電源を切れる状態にする」

と操作しても、自動的に電源オフになりません。
「電源を切ることができます」と表示されるだけです。

しかし、ちょっと手を加えることによって、これが電源オフまでできるようになります。
参考: 「せみ」のホームページ=「コンピュータの電源を切る準備ができました」のメッセージのあと自動で電源を落とす


書き換えるファイル:MSDOS.SYS(リードオンリーなどの属性をいじる必要あり)

[Options]
BootGUI=1   ←これを0にする


書き換えるファイル:AUTOEXEC.BAT
以下を最後に追加する

WIN.COM
PWOFF.EXE


これで普通に電源終了までできるようになります。


ただし、本来DOSプロンプト表示までのところを、AUTOEXEC.BATのWIN.COMでWindowsを起動しているため、セーフモードで起動したときの動作が若干変わります。
終了させたはずが、再起動するという具合に。


→トラックバック
RB32A55!!!:「迷機」に触れる、歴史に触れる…
mypaceで行きましょう!:はじめて買ったパソコン


人気ブログランキングへ
[PR]
by off_kawa | 2001-01-01 09:08 | PC・ハード | Trackback | Comments(0)
PC-9821 Cr13/T Canbe Jam は、HDDが830MBしかありません。ハードディスクスペースが貧弱で、ソフトをインストールしだすとすぐに足りなくなります。

そこで、4.3GBのHDDを購入し、交換してみました。

何種類かあるネジを、どのネジがどの位置かを図でメモしていき、ウーハーを外すとHDDが見えてきました。まあ、ここまでくれば交換できます。

ところが断続的に1ヶ月使用してたら、なんか異音がする。HDDがつまずく感じ。
そして、HDDがついにアクセスできなくなった。
ここで、断続的だったのが災い。販売店に交換を求めたが、すでに購入後1年(6ヶ月だったかも)を過ぎていたので、返品交換はできないとのこと。

Niftyで質問してみると、どうも電力消費量が違うので、そうなったのかも知れないという回答でした。

まあ、未だに古いHDDを使っています。
というか、ほとんど現役ではないですが。
1台はCDドライブも死んでいますし…。


人気ブログランキングへ
[PR]
by off_kawa | 2001-01-01 09:08 | PC・ハード | Trackback | Comments(0)