映画・演劇

映画「ローレライ」   リアルかと思ったらファンタジーだわ…

f0052082_0524289.jpg 小説「終戦のローレライ」の映画化。
 ナチスドイツからの遺品の最新鋭潜水艦に従来のソナーの常識を覆す感知システムをもつ潜水艦で、3発めの原爆投下を防げという話。

 最初、実在のシステムかと思っていた…。

 役者陣の熱演が素晴らしい。夢中になれる。堤真一がここまでやると思ってみなかった。ピエール瀧もよい。また、リアルなCGによって白熱の艦隊戦を描くことができた。

 これなら「沈黙の艦隊」が実写映画化できるではないか。


 ただ細かいことを言い出すと、突っ込み所満載なことが気になる。

 まあローレライシステムは話のメインの設定なのでともかくとして、補給はしなくてもいいのかとか、船内での瀬戸物の急須や湯飲み茶碗とかや、多少の矛盾やリアルは心のどこかに置いておこう。

 でも、北斗の拳のような内部爆発とか、飛び立った飛行機を側面からの砲撃で打ち落とすとかはどうかと思う。

参考:映画トピックス「終戦のローレライ」がついに映画化!


監督:樋口真嗣  原作:福井晴敏『終戦のローレライ』(講談社刊)
出演:役所広司、妻夫木聡、柳葉敏郎、香椎由宇、堤真一
[PR]
トラックバックURL : https://tintik.exblog.jp/tb/1472680
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 欧風 at 2006-03-28 22:36
タイトル : ローレライ
最近試写会は当たってなかったんですが、自分が出した分は外れたけど、当たっても忙しくて行けない友達(残念でしたね)から貰ったんで、3月5日から公開の「ローレライ」の試写会に行ってきました。 潜水艦の映画は結構好き。なんかあの狭い空間での緊迫感なんかがいいな~と思います。一番最近見た中では「K-19」が良かった。冷戦当時のソ連の実話を元にした話で、こんな事があったのか~と驚く一方、人知れない所で頑張ったすごい人たちだ、と感動したもんです。 「ローレライ」は、日本で久々の潜水艦大作!ってことで、楽... more
by off_kawa | 2005-02-28 23:16 | 映画・演劇 | Trackback(1) | Comments(0)

「ネットはテキストだ」をモットーにネットやゲーム、モバイル機器を語ります。


by off_kawa
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30